3つ釦スーツ蘇らせます!

皆様 以前に購入された3つ釦のスーツはどうされておられますか?

いわゆる『タンスの肥し』になっている方が多いのではないでしょうか

勿論、今でも現役としてローテーションさせてらっしゃる方もおられると思いますが

昨今のトレンドを考えるとちょっと着ずらくなっておりますね

私どもではこれを少しお直しさせて頂くことによって

現在でもお使いいただける様蘇らせます

 

一時期スーツは三つ釦が主流?

ある世代より上の方はおわかりでしょうが、スーツも3つ釦のスタイルが多かった時期がございました

これはやはりDCブランドの台頭が最も影響していると思われますが、アルマーニなどの

ビックブランドやトラッド系メーカーでもこのスタイルがメインといった時代がありました

お若い方はあまりピンとこないかもしれませんが、一時期2つ釦はおじさん?のスーツで、

お洒落な方は3つ釦といった志向があったのです

3つ釦を段返りに!

Vゾーンは狭くなれば、当然カジュアルなイメージとなります

ですので完全な3つ釦というと2つ釦に比べ、どうしてもきちっと感は薄らぎますね

スーツというものは基本的にはビジネスウエアですので

ここらがアウトになってきた要因ではないかと私は思っております

僅かと思われるかもしれませんが、Vゾーンの空きが若干かわるだけで印象はかなり変わります

SARTOでは3つ釦を段返りにしてここを調整することによって時流にマッチさせます

しっかり芯から調整します

アイロンプレスだけでもラペルの修正はできないこともありません

ただし持続性に乏しく、しばらくすると元のフォルムに戻ってしまいます

私どもでは衿を一旦バラして上衿と下衿を調整し、芯から衿のロールを変えていきます

具体的には上衿を若干カットし下衿を繋ぎ、ゴージの角度を緩やかにします

そうすることによってVゾーンが広がり、現代的なフォルムへと生まれ変わります

 

ここのところスーツに関してはやはり2つ釦か段返りの3つ釦のスタイルが一般的です

完全な3つ釦は時代を感じさせてしまいますが、少しお直しすれば充分使えるモノが

お家に眠っているかもしれません  おそらくあまり着ていなかったりで

意外にコンディションが良かったりする良質のスーツの可能性もあります

せっかく気に入っていたスーツですから捨ててしまうのもちょっと勿体ないですね

是非ともワードロープをチェックして頂いてお直しをご検討下さい!

 

今日の修理  段返りに調整  ¥16.200〜

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052−585−2803
■営業時間 10:00〜20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間〜、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

リンク

SARTO

sarge de Nime

germanopratin
バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!