美しいテーパードラインを!

6月半ばを過ぎたばかりですが、男性陣はすでにジャケットをお召しにならない方が多いですね
ここ数年の極端なクールビズは正直どうかと思いますが、
せめてパンツスタイルだけでもかっこよくきめましょう!!!


まずはウエスト、ヒップが体型にあっていることがパンツが美しく見える要因であることは
言うまでもありません ここは最初のポイントなのでしっかりフィットさせましょう
ただしこれだけでは不十分です~全体のシルエットは渡りから裾幅までのバランスが大切です
今一度ご人身のパンツをチェックしてみましょう

上記にある用語はネット等で購入する際も役立つのできちんと把握しておきましょう
ワタリ幅~膝幅~裾幅にかけての流れでパンツのシルエットがきまります
メンズではストレートというよりは自然なテーパードが昨今のトレンドですね
膝幅と裾幅との差数が3~4cm程が美しいラインとされております
(私どもで設定する膝幅は股下の半分から5cm上の所です)
差が少ないと裾幅が太く見えますし、ありすぎると細く見えすぎるということですね
お手元のパンツがしっくりこない場合はここらを踏まえてお直しを検討してみて下さい

あとは裾幅とパンツのレングスの関係も大変重要です
当然裾幅が細くなれば短く、太くなれば長めで設定する必要があります
せっかくバランスのよい裾幅にしてもパンツ丈があっていないと綺麗に見えません
裾幅に適した股下の長さがありますので最後にしっかり調整をしましょう!

パンツの裾幅詰め
金額: ¥4,320〜