バランスよく着丈詰めましょう!

既製のスーツやジャケットは通常5㎝ごと身長を基準にしてサイズが設定されております

しかしながらご自身の体型が必ずしもそのメーカーの身長サイズとピッタリ合うとは限りません

そういったケースですとやはり着丈を修正したほうが望ましいことが多いですね

言うまでもありませんが、着丈に関しては詰める補正のみで出すことはできません

本日は『着丈詰め』のお直しについてです

上着の着丈とは衿の付け根から裾までの長さを指します

以前ですと総丈(襟の付け根から床まで)の半分とされていましたが

ここのところのトレンドですとそれよりも若干短めとなっておりますね

勿論お客様のお好みもあるかと思われますが、全身のシルエットを鑑みて適正な長さに

設定する必要があります 特にスーツの場合パンツとのバランスも大切です

『着丈詰め』の多くは画像にあります様に裾からお詰めします

一見物理的には相当に寸法が取れそうに思われますが、

ここからお直しする場合、最もポイントになるのはフロントのポケットから裾までの距離です

この部分のスペースがなくなり過ぎるとバランスに影響し非常に見え感が悪くなります

昨今の既製服はポケットがどちらかというと下の方に付けられています 第2ボタンのライン

ぐらいに設計されていますのであまり大幅には着丈が詰められないモノが多いですね

 

とは言っても着丈については1.5cm程でも印象はかなりかわります

重っくるしいジャケットも軽快にしてみては如何でしょうか?

着丈のお直しをご検討であれば、上着だけでなくできればパンツもお持ち下さい

パンツのシルエットも考慮して最もバランスのよい長さを設定させて頂きます

 

今日の修理  着丈詰め ¥8.640〜

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052−585−2803
■営業時間 10:00〜20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間〜、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

リンク

SARTO

sarge de Nime

germanopratin
バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!