本切羽のお直しは?

ここのところイタリア系を中心にお袖が『本切羽』になっているモノが大変多くなりました
私どもへご依頼頂く中にもこの仕様が少なくありませんが、お袖丈の調整につきましては
いわゆるあきみせのモノに比べ簡単にはお直しできないこともございます
本日は本切羽でのお直しをご案内します


関連サイト

本切羽の袖丈詰めは?


Aお袖丈詰めするにしても本切羽の場合、既にボタンホールが開いてしまっているので
あきみせの様にお袖口からのお修理は基本的には致しません
多くが袖先より4cmほどのピッチで釦ホールがスタートしますので、ここのスペースはキープ
したいですね どうしてもということでもせいぜい0.5~1cm詰めまでが限界でしょうか?
これ以上詰めるとなると見た目のバランスが非常に悪くなるのでお勧めは致しません

一般的に本切羽のお袖丈詰めは、『袖山詰め』といって一旦肩から袖を外し
お袖の山の部分をカットし再度繋ぐお修理となります(肩幅詰めとは異なります)
袖を付け直すお直しとなりますので、お修理の難易度が上がり私どもでも熟練の職人が携わる
こととなります 工賃としては袖口からのお修理に比べ割増で、お時間も頂くこととなりますね
気を付けて頂きたいのが、この修理を行うと現状よりお袖幅が小さく繋がることとなり
アームホール等着心地感が変わることがあるということです ですのでせっかくお直しをしても
余裕がなくなり着苦しくなってしまうケースもありますのでフィッティングの際注意が必要です

袖山詰めの場合、もう一つ問題となるのは柄物のケースです
画像はタリアトーレのチェックのジャケットですが、このように身頃とお袖できっちり柄合わせ
がされております お袖山をカットしてしまうと当然この柄がズレてしまいます 無地モノや
細かい柄であれば問題ありませんが、このように大柄であるとかなり目立ってしまいますね
お袖丈が長すぎるケースは致し方なくお直しすることもありますが、どちらを優先事項と
考えるかは最終的にはお客様の判断となります

ご購入した後に袖作りが出来る様にお袖がアンフィニッシュになっているモノもありますね
製品によって多少の違いはありますが、ほとんどが12cm程のあきの深さとなっております
一見お直しがし易い様に思われますが、これもお袖丈を詰めて本切羽にするとなると制約が
ございます あきの深さにもよりますが、おそらく詰め寸法が3cm以上となるとそのままでは
本切羽をつくることができません  このようなケースはあきみせにする選択もありますが
どうしても本切羽を希望されるのであれば袖山詰めのお修理をプラスして敢行します
 
以前はお直しの簡単さからあきみせの袖が大半であったメンズジャケットですが
昨今のイタリアブームもありお客様自身も本切羽へのこだわりが強くなっております
お直しの際、お困りでしたら何時でもご相談下さい!最適なご提案をさせて頂きます

修理内容:ジャケット 袖山詰め
金額: ¥8,640〜