ウエディングドレスをリメイク

残暑厳しい毎日ですが、夏の暑さもようやく落ち着いてきたようです。
朝晩は少しずつ涼しくなってきました。鈴虫の鳴き声で秋の気配を感じますね。
秋はウエディングシーズンでもあります。


秋に結婚式をお控えになる何人かのお客様にはドレスのお直しのご依頼を頂いております。
その中で、既にお式を終えられたお客様からのご依頼がありました。
 
ご着用されたのは後ろに長くトレーンを引くシンプルでスレンダーなドレスでした。
トレーンを引く姿は優雅ですよね、しかしどうしても裾が汚れてしまいます。
お客様は裾が汚れたのを機に、もう少しカジュアルに着用出来るように、着丈を思い切って短くされたいとのご要望でした。
トレーンの布の分量が多くピン打ちのみでは丈の感じがつかめないため、仮縫いもさせていただきました。

関連サイト

お母様のウエディングドレス

総レースのウエディングドレス


出来上がりは靴がみえるぐらいの丈になりました。
これでしたら引きずることがないので、色々な場面で着られることが出来ます。
御主人にプレゼントされたドレスで、これからも長く大事にご着用されたいそうです。
 
お直しの寸法が多いときは仮縫いが必要な場合があります。
出来上がり前に一度ご来店いただくので少しお時間もかかりますが、より御満足いただける仕上がりになります。

修理内容:ウエディングドレスの着丈詰め
金額: ¥59,400〜