昔のモンクレールもすっきり!

男女問わず、冬の防寒具として一着はダウンジャケットをお持ちですよね
メーカーのお国柄も様々で、皆様個々にお好きなブランドがあるようです
本日はレディスのモンクレールのロングタイプをお持ち込み頂きました

トップの画像からお分かり頂けるようにかなり極端なAラインのフォルムになっております
最近のモノはそれ程でもありませんが、ひと昔前のモンクレールは
このようなデザインがふつうにありましたね
お客様としてもどうもこの広がり過ぎなシルエットが気に入らないようで、まずもって
この余分な膨らみを消して自然なAラインへ補正することに致しました
バストあたりの身頃は触らず全体の三分の一ぐらい上から身幅を減らしていきます
ちょうどポケットのファスナー辺りから裾まで全体で6~12cm程お詰めします
このダウンにつきましては前身+細腹+後身という三つの構造となっております
特に細腹のパーツが広すぎるのでここを大きく削った方がよりバランスがよくなりますね
当然下にいくほど膨らみは多いので詰め寸法は多くなります
完全にスクエアなシルエットにしてしまうと女性らしさがなくなってしまうので
そこまではサイズダウンせず、ある程度のAラインは残すようにお直し致します

これがBEFORE AFTERの画像となります !
相当に末広がりなシルエットでしたが、身幅詰めによってすっきりしたフォルムになりました
レディスらしく緩やかなAラインも残しつつ、着やすいフォルムに生まれ変わりましたね

通常アウターはミディアム丈までは前身と後身のみのシンプルなつくりがほとんどです
ロングタイプはより立体的に見せる為にこのように細腹というパーツを組み合わせているモノ
もありますが、その分が大きく取られ過ぎていてボリュームが出過ぎる傾向が強いようです
今回は前身と細腹のところで大きく詰め、後身では控え目に補正して全体のバランス感をとって
調整しております メンズのダウンは全体的な身幅詰めのご依頼がほとんどですが、レディス
についてはこのように極端なAラインの補正というお直しも珍しくありません  ダウンという
一般のお直し屋では難しいアイテムでも私どもではお客様のご要望をお伺いしながら出来る限り
リクエストにお応えしております お手元にお困りのダウンがあればいつでもご相談下さい!

ダウン身幅詰め
金額: ¥27,000〜