コート袖山詰め(レザー)

SARTO名鉄店ではレザーのアイテムもお直しさせて頂いております。
本日は女性モノですが、レザーのコートのお直しをご紹介します。
POLO ラルフ・ローレンのスウェードのトレンチコートをご相談頂きました。

関連サイト

あえて今このタイミングでお直し

レディスでサイズ2とありますので、日本サイズでSぐらいかと思われます
このお客様に対しては全体的にほどよいサイズ感ですが、やはりお袖丈だけは2.5cmくらい長いようです。

一般的に、通常のトレンチコートのお袖丈詰めは袖先からお直しすることが多いですが、
今回はレザー(スウェード)素材ですので、今までのようにお修理に伴って
ベルトループを移動させるとかなり跡残りが目立ってしまいます 革に関しては、一旦
縫製した箇所は穴が開いてしまい、ウールやコットン地の様にスティームをかけても
全く塞がりません 詰寸がもう少し少なければループを動かさなくても
それほど見た目のバランスは悪くありませんが・・・・

お客様との話し合いの結果、今回はやはり仕上がりが最も綺麗な『袖山詰め』でお直しさせて
頂くことになりました この手順であれば袖口は現状のまま、ノータッチで進行します
一旦お袖を外してお袖の上部をカットしますが、レザーは縫い直しが利かず
一発勝負での縫製となります ですので大変難易度も高く、熟練の職人でなければ
携わることはできません 工賃も割増にはなりますが、これだけの商品で、一生モノとも
いってよいお品ですので出来上りにはこだわりたいですね
 
レザーの料金につきましては、お客様のお持ち込み頂いたモノを一旦お預かりさせて頂き
お見積りさせて頂いてからご提示させて頂いております

修理内容:コート袖山詰め(レザー)
金額: 要見積もり