一重仕立てのコートの袖丈詰め

最近は朝晩とめっきり冷え込みますね。そろそろコートを着る季節になってまいりました。
ウールのコートというと重たい印象をお持ちの方も多いかと思います。
本日ご紹介するのは一重仕立てのコートです。

一重仕立てとはダブルフェイスの生地を用いて作られたものです。
ダブルフェイスの生地とは2枚の生地を合わせて1枚の生地にしたものです。
コートを作ると厚みと気密性が増し暖かいうえにとても軽い仕上がりになります。



しかし仕立て方は大変難しいのです。
合わさった生地の縫う部分のみをはがして2枚にして、主に手作業で縫い合わせていきます。

余分な芯や縫い代が無いので出来上がりがとても軽やかです。
お直しをする場合も同じような仕立て方をするので、通常の裏付きのコートを直すより手間と時間がかかります。

今回お持ちいただいた一重仕立てのコートは袖丈詰めをさせていただきました。
10センチほど詰めるので、ただ詰めるだけでは袖口が大きくなってしまいます。
なので袖幅も詰めて袖口の幅を元の寸法にします。
袖口のビスも移動し、修理前と同じ仕上がりに出来上がりました。
その他にも着丈や身幅詰めも出来ますので是非ご相談ください。

修理内容:一重仕立てのコートの袖丈詰め
金額: 12,100〜