ワンピース・ドレスの着丈詰め

もう11月です、今年も残り2か月となりました。
11月は気候が良く結婚式も多い時期ですね、また年末に向けて各種パーティーなどのイベントの予定がある方もおみえになるのではないでしょうか。
ゲストとして出席される時、女性の方はワンピースやドレスをお召しになられることも多いですね。
本日はワンピースやドレスの着丈詰めについてです。

着丈を短くするというと一般的に裾で詰めるということが思い浮かびます。
裾で詰めることが多いのですが、柄やデザインによっては裾で詰められないこともあります。
切替があれば切替を利用して着丈詰めが出来ます。

また全体のバランスやお客様の身長によってはウエストの上で着丈を詰めたほうが良い場合もあります。
更にはウエストの上下両方で着丈を詰めたほうが良い時もあります。

襟ぐりが大きく開いているデザインのものでしたら肩で着丈詰めをすることもできます。
肩で詰めると襟ぐりが詰まるので、かぶりのデザインのものは頭が入るかを考えて多くは詰められないこともあります。
同時に袖ぐりも小さくなるので、窮屈に感じられる時は袖ぐりを修正しなければなりません。

ワンピース、ドレスの着丈詰めといっても色々な方法があります。
どこでお直しするのが最適なのかは服を見させていただくだけでは分からないこともあります。
一度ご試着いただいて全体のバランスを見させていただくのが良いと思います。
是非ご来店ください。

修理内容:ワンピース・ドレスの着丈詰め
金額: 4,400〜