ジャケットの襟を外しました

師走だというのに比較的暖かい過ごしやすい日が続いています。

コートを着用なさらずにジャケットのみで歩いてみえる方もお見掛けします。

 

本日は襟を外してノーカラーに生まれ変わったジャケットのお直しをご紹介します。

お客様にお持ち込みいただいたのはブラウンに地模様が入った珍しい生地のジャケットです。

全体にサイズが大きいため身幅詰め、袖幅詰め、袖山で袖丈詰めをさせていただきました。

肩幅はお詰めしなくても良いのですが、肩パットを外しました。

また、背中側に少し余りがあるため後ろの着丈を上側でお詰めしました。

これだけでもかなり大掛かりなお修理ですが、更にショールカラーの襟を外します。

襟がなくなるとジャケットの印象が大きく変わりますね。

中に合わせるインナーの幅も広がるのではないでしょうか。

ただしどんな襟でも外せるわけではありません。

一般的なテーラードカラーの襟を外すことはできません。

今回のようなショールカラーやスタンドカラーの襟は大抵の場合外すことはできます。

外したあとの元の襟付け線がお好みに合わない場合もありますので、慎重にご提案させていただきます。

クローゼットに襟のデザインが気に入らなくて着なくなったジャケットはございませんか。

一度ご相談ください、お待ちしております。

今日の修理 〇 ジャケットの襟外し、身幅、袖幅、袖丈、着丈詰め¥51700〜

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052−585−2803
■営業時間 10:00〜20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間〜、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

リンク

SARTO

sarge de Nime

germanopratin
バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!