Barbourを格好良く「長く」着る方法

 

暑い季節になりましたがアウターお直しのご紹介です

Barbourといえば最も有名なモデルはBEDALEですが

本日の事例はBORDERというモデルです

ハーフ丈のビデイル、コート丈のボーダーといった使い分けでしょうか

ビデイルはあまりにも流行りすぎているのでAラインの当モデルは昨今注目されつつあります

しかしながらバブアー全体に言えることですが、とにかく表記サイズからすると我々にはとても大きなサイズ感です

オーバーサイズがトレンドですので今は良いかも知れません

ですが英国王室御用達の証しであるロイヤルワラントの栄誉を獲得しているアイテムを

流行りで着なくなるのはあまりにももったいない使い方です

そこで注目していただきたいのが「袖丈」です

 

 

コートにおける袖丈は全体的なサイズ感を整えるうえで大きな要素です

このダボッと感が袖丈をジャストにするだけでスッキリするので

オーバーサイズに飽きたら試す価値アリと言えますよ

それともう一つ、ワックスコットンは直せないと思われがちですが全然そんなことはありません

過去にビデイルのお直し事例もございますので是非ご覧ください

 

ビデイル 袖丈

ビデイル 身巾詰め

 

ちなみにボーダーの袖先はこんな感じ

一見すると何の変哲もないように見えますが内側を見ると・・・

 

「返し」と呼んでいますが、吹き込み防止のインナーが袖先についています

構造上こちらも同様に補正が効きますので全く問題はありません

袖丈が整うとスッキリするのはコートに限ったことではありません

今の流行りに空きが来ましたら試してみてください

 

修理内容:コート 袖丈詰め
金額: ¥5,500〜

老舗のお直し屋でお気に入りの服に新たな魅力をプラスしませんか?

こんな服でも直せるのかな?もう少しトレンドを取り入れたデザインにしたいけど、できるかな?など、まずはご要望をご相談ください。
服のデザイン、作りによっては、お客様のご要望を全て取り入れることが難しい場合もあります。
しかし、ご要望をお伺いしながら、出来るだけ理想の形に近づけられるよう、様々な角度からご提案をさせていただきます。
SARTOは名鉄店と名古屋店を構え、高級ブランドの洋服だけでなく、ウェディングドレスや革製品など、お直しに技術を要するご依頼にも多数対応してまいりました。他のお直し屋さんで断られたものをお受けすることもございます。その点では、「お直しの駆け込み寺」であると自負しております。
SARTOが他店と違うのは、フィッティングとお直しを担当する者が別だということです。フィッティングは専門に勉強してきたフィッターが行いますし、お直しは専門の職人が集中して行います。その分業制により、他店にはできない高度なお直しができるようになっているのです。
私たちは、「洋服を通して皆様の人生を応援させていただきたい」という思いで、常に高い技術を追求し、お客様目線に立ったサービスを提供しております。
どなたも、しばらく着ていないけれど、処分はできない大切な1着があると思います。そんな服に新たな魅力をプラスするのが私たちの仕事です。お直ししたい服があれば、ぜひご相談ください。

店舗案内

SARTO名鉄店
名古屋市中村区名駅一丁目二番一号名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる


SARTO名古屋店
名古屋市中区丸の内2-16-22 エイチエフビル3階
■TEL 052-211-7826
■営業時間 12:00~17:00
■店休日 日曜・月曜・祝日
※名古屋店のみ完全予約制